めふぁにっき

すべての独身が自由に楽しく生きられる世界のために

家を遊び場にしたい計画発動

 

なんで家で楽しく過ごせないのかとかいろいろ思索を巡らせて辿り着いたのは

「俺が意志薄弱だから」

というのもあるけど、

「家が楽しい空間じゃないから」

というめちゃくちゃ単純な結論に辿り着いてしまった。

 

たとえば今このブログを書き始めたのだって実は環境整備が必要だった

①PCを置く机の整備

②椅子の整備

③PCの動作環境整備

 

>1月に机と椅子を買った

椅子と机の高さがまったく合ってない、チクショウ

なんでセットで買ったのに合わねえんだクソが

 

>3月に腰に当てるクッションを買った

本当は椅子にあてがって使うらしいが

椅子がロクでもないのでしばらく枕になっていた。

 

>5月の頭にアウトドア用のチェアを買った

めちゃくちゃくつろげる。

これ、PCゲーとかするのに最高なんじゃね?と気づく。

実はこの時PCはディスクはパンパンでデフラグされておらず、

起動すると即カクカクになるという始末だった。

 

>5月中旬、丸3日かけてPCをクリーンアップ

文章を打てるくらいにはサクサク動作するようになった。

このへんからブログ開始。

 

…とこういう具合で環境を整えた途端になんかいろいろできるようになってきた。

 

一人暮らしを始めてもう6年目になるはずだけど

全然気づかなかった。

自分の部屋って自分でデザインできるし、

お金をかけて超快適空間とかにしていいわけね、最高じゃんそれ。

 

 大学時代に同期に自分の部屋の状況を伝えたら

「帰って寝るだけの倉庫じゃん、それ」

とか言われて正直何のことだかわからなかった。

 

え、家って帰って寝るだけの倉庫じゃねえの???

くらいの感覚だったから

でもやっとわかったわ

ゲーム好きな人はゲームするのに最高の空間にしていいし

モノ書くの好きな人はモノ書くのに最高の空間にしていい

なんか最近捗らねえなと思ったら環境を見直す、すげえ大事。

 

勉強ができる子の家には勉強しやすい環境が整っている。

そりゃ意思の強さ弱さとか適性とか関係あるけど

人間が本当にすごいところはどんな自然の中にでも自分が快適に過ごせる空間を作りだしてしまえるところ。そしてそれを維持できるところ。

 

おっしゃ家を超楽しい空間にしてしまおう!

目指せ家から出たくないマン。