めふぁにっき

すべての独身が自由に楽しく生きられる世界のために

アダルトVRに行ってきた話0729

 

※注意

 

あの、今回はタイトル通りです。

 

18禁です。不適切な表現を含むと思います。

 

選挙権のない18歳未満のボーイズと

そういうの苦手って方は「戻る」ボタン押してください。

 

f:id:mayfarz:20180729191636j:image

▲渋谷 麺屋武蔵 武骨外伝のフローズンつけ麺(中)。つけ汁がシャリシャリの氷で冷やされているので、やっぱ麺屋武蔵はドロッドロの濃厚つけ汁でしょ!って人向けではないけれど、これはこれで美味しいです。深夜にとっても不適切な画像。

 

はい、じゃ行きますよ 

 

VR アダルト」で検索かけると

体験ブログとか

「アダルトVRエキスポいってきました!」

とかいくつか記事はヒットするので

いろいろな人が書いている内容みたいです。

 

アダルトVRは要素としてはVR」×「AV」ですね。

 

 

VR→ヘッドマウントディスプレイとヘッドホンでおなじみリアルな映像体験のできるアレ。

※ARやVRの専門の方から定義が正確でないとの指摘が来ました、すみません正確な定義は知りません。

AV→アダルトなビデオ。

 

ヘッドマウントディスプレイで見るVR

秋葉原の体験ブースと友人宅で一回試したことがあるのでなんとなくは知ってました。

 

正直まだまだVRという領域が未開拓で

コンテンツが未熟だからか

「すごいけど、なんかチャチい…」

という印象があります。

 

 秋葉原の体験ブースも

身体を動かすVRですごく楽しかったんですが、

 

(ゲーミングチェアめちゃ座り心地いいわあ)

 

という印象がなぜか強く残ってるので

 

VR<<<ゲーミングチェアの座り心地

 

コンテンツがまだまだゲーミングチェアに勝てるほど魅力的じゃなかったです。

f:id:mayfarz:20180729205841j:image

▲要するにかっこいい座り心地のいいゲーム用のイス

 

去年の夏頃出たソフトの中では

『サマーレッスン』を一回遊んでみました。

 

・サマーレッスン

JKを1週間家庭教師して落とすVRゲーム。

ただし周回ゲーなので永久に夏休みの1週間を繰り返すというエンドレスエイト

 

教師のタラシスキルが上がるのか

それともJKのアバがズレてくるのか、

1周目はめっちゃういういしかったJKが3周くらいすると初日から花火大会に誘ってくるようになるという仕様。

 

 

 

VRの話はともかくとして

今回はSOD社(ソフトオンデマンド社)と

宝島24(個室ビデオ店)がコラボしている渋谷のお店に行ってきました。

 

個室ビデオ店をご存じない方のために書くと

AVが観賞できる個室(多くは防音)を時間制とか一泊で貸している貸間業です。

1時間1000円くらいが相場で、一晩で2000~3000円くらいで泊まれます。

 

学生だと実はこれがめちゃくちゃありがたい。

 

青春18きっぷとかで旅行していると結構お世話になります。

 

一般には、終電逃したサラリーマンとか、

家じゃ嫁さんと娘の目があってとてもじゃないけどAV見られないね…

みたいなお父さんが利用するみたいですね。

 

個人的には案外大事なインフラだと思います。 

生理現象ですからね。

個室がないと処理できないし、表立っては言いにくいけど街に一つはあるといい施設だと思ってます。

 

f:id:mayfarz:20180729195432j:image

VR2時間コース 

2500円也

 

ヘッドホンとヘッドマウントディスプレイの組み合わせでやるんですが、

なんだかBluetoothの具合がおかしくて

音がブツ切りになります。

 

○座って観るシチュ

最初に観たコンテンツは

おっぱぶだかハッスルだかそういう風営店で

JKコスのおねーちゃんが隣に座って話しかけてくる…みたいな設定なんですが

 

「…らっしゃい…こういうお店ってよくくr…すか?」

 

「私働きはじめt…だから優しk…ほしいな」

 

みたいな感じでブツブツ音が途切れるので、

 

おねーちゃんが隣に座っている臨場感はあるんですが

正直何言ってるのかさっぱりわからないので

なんだか難聴になった気分です。

 

再起動したらBluetoothの接続不良は直りました。そういうこともある。

 

 

 女性経験が少ないからか、やっぱり隣に女の人の映像が見えるってすごいですよ。

映像だってわかっててもなんかドキドキする。

顔を動かしたら下も見えるし、なんかあちこち凝視できるし、大変良い。

 

『サマーレッスン』と違うのは

あくまで映像なので

スカートを凝視したからといって

「どこみてんのバカ///」みたいな反応はないってところですかね。

 

最大の違和感は、男優と自分の身体の差ですね。

 

どうやって撮影しているのか一度取材したいくらいだけど、

映像に映っている男優さんは主観だからこそ

男優さんの身体が視界の端に移り込んで、

体格の違いとか、頭の大きさの違いとか

手の感じとかが露骨に出るんです。

男優さんと姿勢が違うとそこも違和感になるし。

あっれ俺こんなに胸板あったっけな??みたいになります。 

 

具体的にどういうことかというと、

女優さんにされるがままみたいな設定のうちはいいんですが、

なんか骨ばった手が視界の左右からニュッと出てきて胸とか揉み始めるわけですよ。

 

「おっ俺手がもう一組増えたかな?やたら骨ばっててテクニシャンだな」

みたいな違和感はあるし、

 

じゃあ臨場感出してみようと空気を揉むと所詮空気なんで

「まあ…ですよね、空気ですよね…」

みたいになって虚しくなるので、

『すげえテクニシャンな骨ばった手が肩のあたりから生えた』設定で

観賞することにしました。

 

映像の臨場感はあります。

ただ、おねーちゃんが上にまたがってきても重みとかはないです。

 

おもしろいのが

キスシーンで顔が近づいてくると

「おねえさん近い近い近い!!」ってなるし

妙に息苦しい感じもするんです不思議と。

 

普段見てる世界って、視覚情報による思い込みとか錯覚ってかなりあるんだろうなあ…

みたいな妙な納得をしました。

 

だけどカメラと位置がずれているのか

おねーさん、首元あたりをかじりだしたり

明らかにおねーさんの顔がこっちの顔にのめり込んできたりするので

体験したことのない状況に脳がパニックを起こします。

 

「あっダメですこのお店は顔に顔埋めちゃダメなんですよ!!」

 

映像なんでそんなことを言っても

非情なおねーさんは顔に顔のめり込ませるのやめてくれません。

 

○股間視点

寝転がって見られるVRがあればいいなと思ったんですが、

たまたま今回のライブラリには仰向けはありませんでした。

基本的には「座っているシチュエーション」か「視点移動型」

あと変わり種で、「男優のへそのあたりにカメラがあるシチュ」みたいです。

 

女優が男優にまたがるんですが、

男優のへそのあたりに視点があるんですよ。

 

なんか変な気分ですよ。

目の前の女優は斜め上からアンアンいってるし

男優のふとももも見える。

 

いい景色だけど

 

ふと

「じゃあ男優のへその上から見ている俺の身体はどうなってんだ…?」

と一度考えるともうダメです。

 

「あれ、俺生首じゃね???」

ってなったらもうダメです。

 

デュラハンちゃんは首ったけ : 1 (アクションコミックス)

デュラハンちゃんは首ったけ : 1 (アクションコミックス)

 

 

仰向け視点の話ですが、

なんで仰向けがないかって、

男優がひたすら仰向けにされてる撮影の様子を想像するとわかりやすいんですが

 

監督「なに、すぐ終わるさ、男優は天井のシミでも数えてればいいんだよ…」

 

みたいになるし、観る人も顔を起こさないと天井しか見えなくなるし、

だから仰向けはないんだろうなと勝手に納得してます。

あったらゴメンナサイ。多分あると思います。

 

○視点移動

なんか一個だけ視点移動型というのがあったんですが、

「女優を押し倒して組み伏せる視点」

「女優を後ろから見る視点」

とがあって、

VRは、男優と同じ姿勢にならないと同じ景色が見えないので

鑑賞者も同じポーズを取るわけです。

 

頭に重いディスプレイつけてるし

男優さんは男優さんで

なんかやたらアクロバティックな動きを延々するし

段々顔が蒸れてきます。もう汗まみれ。

 

・だんゆうさんってすごいたいりょくがあるんだなあ

・個室ビデオ屋さんはVR用にもうちょっと涼しくしてほしいな

・観賞する場所を考えないとこれケガするなあ

という感想でした。

 

これ、ちゃんと空調とか設備整えて

専用のラブドールとか完備すればスポーツとして成立すると思います。

 

めちゃくちゃ汗かきました。

いい汗かはわかりません。

ヘッドマウントディスプレイの製作会社はもっと涼しくてもっと首に優しくて

ついでにいえばお財布にもやさしいやつ開発してください、買います。

 

f:id:mayfarz:20180729210758j:image

 

まとめ
女優さんも綺麗だし、すごく臨場感があるし、
まだまだ未開拓ゆえに難しい問題がいくつかありますが、楽しいコンテンツだと思います。
正直ナメてました。

 

(無難なまとめ)

 

今回はSOD社でしたが

DMMの出してるVRもいつか行きます。

 

個人的にはTENGA社の(正確には会社理念の)大ファンなのでそっちからも新規参入のコンテンツでないかな…という期待はあります。

エナジードリンク、ヘルスケア部門へは進出してるけど、アダルトコンテンツはDMM,SODと住み分けしてるのかしら…。

その辺詳しく調べてないな。

 

お目汚し失礼しました。

めふぁのアダルトVRレポートでした。

 

https://tenga-group.com/company/mission.html