めふぁにっき

すべての独身が自由に楽しく生きられる世界のために

スタミナゲージがミジンコ並

 

めふぁにっきです。

 

f:id:mayfarz:20190120233408j:image

▲湘南のコンビニに行ったらえげつない名前のサーフボードワックスが売られてて三度見した。

 

このブログも半年くらい書いてきてもう80記事くらいです。

時々読み返すと飯の話と自分がモテない話しか書いてません。

そもそもブログって何を書くところなのかいまだにわからない。

なんか時事ネタとか書けばいいのかな。

以前なんとなくアダルトVRの体験記事とか書いたら妙にアクセスが伸びてビビりました。

 

今年はもっとこう、書いてて自分が好きになれるようなことを書きたいです。

 

昔からなんか書きたい、なんか書きたいなあと常日頃思ってはいるものの、結局何も書きません。書くのはブログだけ。創作の小説ってやつが書けない。

だから大学に入ってしばらくして、書物してる諸君はどうやって文章書いてんだ!書き方教えてよ!と文芸部に入ったはいいが、一向に書けるようにならない。

今考えると当時の自分は「スポーツ初心者が運動部に入ったら、スポーツのやり方を教えてくれる。当然文芸部もモノの書き方を教えてくれるところに違いない!」と勘違いしていた。

 

文芸部はモノの書き方を教えてくれるところじゃない。モノを書くのが好きな人が集まっているところだ。

しかたがないので、どうやったら書けるだろうと部員を観察することにしたが、「書ける部員は書いている部員である」という至極当たり前のことと、なんだかんだ締切がモチベーションに一定の効果を上げていることがわかった。

そうは言っても、プロットを書くとかいってワードを開いたまま腕組みをして固まっている部員もちらほらいたので、モチベーションと設備と時間があればできるわけでもないらしい。

 

ほらやっぱり頭の中に創作を生み出す過程があるんじゃん!頭の中を見せてよ!と部室に居座って原稿を書いている部員の邪魔をしてみた。

そこばかりはどれだけ言語化してもらおうとしてもどうにも要領を得なかった。

 

人間は自分が言語化できる以上にものを知っている生き物だ。

だから、誰かがある技術について「知っている」「できる」からといって、それを人に説明できるとは限らない。

売れるモノが書けるとか、水準の問題じゃなくてとにかく誰かの頭の中で新しい人物や設定が完全に新たに作られること自体が自分には不思議で仕方がなかったし、それができること自体が尊敬の対象だった。

二次創作とか、既存の文脈を借用して、そこから別のストーリーの分流を作り出すのはまだ理解できるけれど、「創作」ということがまったく感覚として理解できなかった。

 

(何かが「できる」という意味での)才能というのは、メソッドの問題じゃなくてそもそも認知レベルで違う場合が多い。数学でペンと紙を使って他人にイメージを伝えるグラフとか図示みたいに、道具の助けを借りて認知が共有できればいいのだけれど、頭の中で新たな何かが生まれてくる過程というのはいまだに言語化しづらいだろうし、今まであまり問題にした人はいない。

ほとんどの書けない人はそもそも書くという発想さえないわけだし、できる人からすれば「紙とペン、ワープロ、なんでもいいけど書けるものと書く場所があれば書けるよ」くらいの感覚だから会話にならない。

それくらい隔絶があると、「書きたいけど書けない人」という救われない人間はどこかで「あ、俺そもそも書く気がないんだ、きっとそうなんだ」とイソップ童話の酸っぱい葡萄を諦めるキツネみたいに、諦めるしかないのかもしれない。

f:id:mayfarz:20190120233318j:image

▲深夜 飯テロ いちご パフェ

 

 

ここは入浴剤ぶちこみまくりの湯

 

寒いので最近は帰宅したら

「入浴剤ぶちこみまくりの湯」

を開業することにしている。

 

夏場とか面倒くさいのでついついシャワー野郎になってしまうのだが、秋口から冬場にかけては熱い風呂自体がQoLを爆上げしてくれるし、なにより冬場限定でくさいオタクが入浴剤のフレーバーになる。

 

少し前から4〜5種類くらいの入浴剤の詰め合わせをローテしているのでとにかく飽きることがない。

 

小さい頃は熱い風呂が苦手で、火傷しそうで入れやしないし入ってもすぐにのぼせる。

いやだいやだ熱いからやめろというのに親は温かいよと熱湯をぶっかけてくる。

 

「江戸っ子は黙って熱い湯にへぇるんだよ」と東京生まれ関西育ちの親父に謎のセリフを言われ、肌がチリチリするのをとにかく我慢して肩まで浸かっていた。

だいたい江戸っ子関連の作法はロクなもんがない。蕎麦だって、ツユに蕎麦の先だけつけて一気に呑み込むのが江戸っ子だというから随分試したけれど、たいしてうまくもないし消化にいいわけがない。

 

田舎もんにマウントするならもう少しマシなものにしろ江戸っ子。

 

そばが食べたい Soba ga Tabetai by Mikeneko Homeless | Free Listening on SoundCloud

▲そばが食べたい(音楽)

 

そんなわけで、中学生くらいになるまでとにかくお風呂が熱くて嫌いだった。

 

今考えると、大人と子供では適温の感覚が全然違うんでしょうな。身体のサイズも体脂肪率も皮膚の厚さも違うから、大人の言う適温は大抵大嘘でいつも熱湯。

 

今じゃすっかり腹に脂の乗った、皮の分厚い大人になったので、あっつい風呂にじっくり浸かるのが大好きになりました。

 

なにより冬場のデブは鍋に入れる冷え冷えのお豆腐みたいなもんである。どれだけ煮えていてもデブが入るとものの5分で湯がぬるくなる。

熱力学第二法則に幸あれ。

 

さらに冬場は湯船もキンキンに冷え切っている。

その上、我が家の風呂には追い焚きという神の機能が付いていないので、「湯船の熱容量」「デブ一人分の熱容量」をちゃんと計算して、熱めに風呂を沸かさないとぬるま湯に浸かることになる。

ぬるま湯に溶けていくちょっと良い入浴剤ほど物悲しいものもない。

 

【楽曲試聴】秘密のそばが食べたい -Midnight Mashup- by Akalyx | Free Listening on SoundCloud

▲抽出された我が高貴なる分子(ダシ)たちよ

 

深夜に富士そばに蕎麦食べに行きたい。

 

 

うましか丼

f:id:mayfarz:20190110022102j:image

めふぁにっきです。

 

最近食べたものをひたすら載せてるだけの飯テロです。

 

ちなみにトップのは馬と鹿の丼です。

メニューには馬鹿丼って書いてあります。

店員さんがオーダー取りに来たので「ばかどん」というのをぐっと堪えて「うましかどん」とオーダーしました。

うましかみたいにおいしかったです。

f:id:mayfarz:20190110022253j:image

焼いた豚、汝の名はやきとん

f:id:mayfarz:20190110022325j:image

地元のバーガーです。

オンツァケス=バーガーという名前が付いていて、これはシベリア原住民の言葉で「うまとシカのようなもの」という意味です。

トーテム信仰でしょうか。

肉は牛です。

f:id:mayfarz:20190110022457j:image

パエリア です。

 

 

耐え難きかな常世の飢え

 

重いだけの自分語りの回。

じぶんかってなことを書き連ねる日記です。

上げちゃってすみません。読むのは止した方が賢明です。本当に。

思いついたら思いついただけ書いてきます。

 

普段あっけらかんと世の中につらみ苦しみなどございませんよというテイで文字を書いている癖が祟ってしまう。どうにも重い話、自分の話、どうしようもなくずっしりした話、そういうものが書けない。

だいたい自分につらいことがあっても「コンテンツ力〜平気平気!」とあっけらかんとしていないといけない空気が漂う世の中で、突き詰めたら昔々フラれたのがとてもつらいですなんて恥ずかしくて格好悪い話、書けるはずもない。

 

でもあえて書かないといけない気がした。

というか腹が減ってるし興奮して寝付けないし、これは書くしかない。

 

恥ずかしいからこっそり書くけれど、ブログなんてのは元来、こういうものかもしれない。

王様の耳はロバの耳と打ち明けられた木のウロのように、王侯貴族の前でならば何を言っても許された道化のように、いつの時代もなんでも言える場や人間が必要とされる。オンラインの時代とて例外ではないのだ。

書きたいだけ書かせてくれ木の穴よ。

 

とにかく空腹で仕方がないので、気を紛らわせようと夜中SNSを漁っていると、最近のSNSは本当に優秀で、知り合いかも?的なユーザーのレコメンドになぜかピンポイントで弟の彼女やら元カノの今彼やらレコメンドしてくる。

アルゴリズムによる学習なら、ある意味では正しい。その手の情報を見る時の人間の執念というのは凄まじく、間違いなくSNSまわりの通信のうち半分は恋煩いとメンヘラと色気違いだ。

なんにせよ先のレコメンドにより見事に私はめでたくメンヘラにカテゴライズされた。

 

もうここまで書いてメンヘラ成分より空腹の方が勝ってきてしまった。まだ1000字も書いていないが我ながら都合のいい性格をしている。

 

ともかくも嫉妬というかショックというか、分かってはいたけれど受け止めたくはない現実を割とはっきりしっかり示されるのは酷だ。

誰に殴られたわけでも一服盛られたわけでもないのに鳩尾からヘソの下あたりまで内臓系の強烈な衝撃が走り、思わず身体全体がビクッと反応してしまう。エクスタシーなんかではない。

これが私の身体に備わっている嫌悪感や恐怖感、不安感をひとまとめにしたような感覚だ。

 

この感覚の連続に自分は数年単位で身体全体を支配されていた。目の前にいない相手の一挙手一投足に怯えて、身体が反応し、強烈な嫌悪感とともに精神が悪化する感覚は独特のものだ。

 

私は自分が無意識に、今自分の身体がしている体験と、自分自身の人格とを切り離そうとしていることに気づいた。

 

どうということはない、別れた恋人には新しい恋人がいて、新しい愛情表現がそこにはあって、当人の脳裏には自分がそこにまだいたかもしれない可能性なんて微塵も残っていない。

書いてみると元も子もなくて面白みもない。

ただその情報が光の形をとっただけで目を介して入っただけで自分の身体が激しい不安感に襲われるなんて。

そんなに人間がヤワであっていいはずがない。

でも間違いなく自分がタフとは程遠い。

自分がこんなにもヤワな存在であることがこの上なく憎い。

 

18だったか19だったか。大学への入学、日本のエリートになるための道を綺麗に踏み外したその瞬間から、今までの自分をきれいさっぱり捨てて全く違う人間として生きることを内心決意していた。別にエリートになろうとしてきちんと努力したわけでもない中途半端な人間だ。

ただあいにくとそのほかの道を歩む普通の人がなんで生きてるのかよく知らなかった。正直今もわからない。

ただ当面自分が生きていくために本当になんでもいいから物語を必要とした。ぶっちゃけカルトでもなんでもよかった。今思えば嘘でもいいから学問の1つや2つまともに収めていればよかったと思う。真人間として生きるというのは決して楽ではないが、それはそれで1つの物語なのだ。

 

もろもろ端折ると、結局私が選んだのはカルトではなく恋愛だった。何かと世の中じゃ恋愛を賛美するが、自分の場合は恋愛というより、他に何か別の物を置いておくべき「生きる意味」みたいなところに、聖なるものとして恋人を縛り上げて崇め奉っていた。

自由気ままに生きたいネコを簀巻きにして、床の間にぶら下げて日に3度拝んでいるようなグロテスクさで、とても常人には耐えられるものではない。

 

相手も相手で問題がなかったとは言わない、今も内心恨んではいる。なにしろ数ヶ月きれいさっぱり無視した後に何事もなかったように連絡を取ってきたりするような人間だ。こっちもこっちで随分とひどいことも言ったものだがお互い様である。

そんな異常な人間が結んでいる異常な関係だから、色々学ぶところもあった。こちら側からの崇拝というスタンスがなければ普通そこまで長くは続かない。

単身赴任で童貞の夫が女子大生だらけの場所で浮気もせず女遊びもせず、ただ返事のくるあてもない連絡先に日々連絡をし続ける日々を送っているようなものといえば気持ち悪さが伝わるだろうか。携帯の通知が鳴れば、別れの連絡か、はたまた何事もなかったかのように優しい言葉が返ってくるのか。その期待で胸が高鳴り腹の底が熱くなり吐き気がしてくる。

もはやストーカーかDVされてる妻か個人宗教の類である。

 

私はこんなことで大学生活をすっかりすり潰してしまった。ブ男が迂闊に恋愛などするものではない。

 

デメリットばかりのように見えるが、反対にメリットもあった。

不真面目が祟って到底卒業の見込みもなかったが、なんだかわからんが女のためなら早く卒業して稼がねばと必死こいて卒業してしまった。

この辺の童貞特有の必死さ加減が元カノにはどうにも受け入れがたく気持ち悪かったらしい。

なんとも救いのない話である。

 

おかげで父親からは「お前がなぜ留年せず大学を卒業できたか理解できない」といわれ

兄弟からは「恋人の1つや2つも作らず、大学でお兄ちゃんは何をしてきたのか」と言われる始末である。

 

実態としては存在するかしないか怪しいラインの個人崇拝の結果、生活はガタガタになったが大学は卒業できたというよくわからない話だ。

 

結局、卒業間際で別れることになったのだが、そもそも何回目かの長期無視の後だったので不思議とショックはなかった。

心の準備として半年ほど前から運動に打ち込むようになったし、そもそもその前は就活でそれどころではなかった。

 

ただ、男の恋愛というのは常にそうだが、離脱症状がとにかく大変だったのである。

まず、自分がされたことを受け入れるのにショックが大きすぎて、「そもそもあんな目に遭ったかわいそうな男は私ではない。」ということにしてしまった。おかげで今でも人にこの話をする時は一通り話した後で、「ひどい話だな!」と自分で話している話に驚くことが多い。

 

自分が崇拝していたものがぽっかりいなくなってしまったので、別のものを崇拝するのにも時間がかかった。

 

他には、異性と接触する時に、決してどんな音楽も、香りも、景色も、情景もエピソードもトリガーになってその異性を思い出すことがないように努めるようになってしまった。

男性に捨てられまくった女性が時折「私恋愛に本気になれないの」なんて言うが分からんではない。心をすべて預ければ傷つくのは自分である。彼女らなりの自己防衛なのだろう。

 

さすがに書きたいことを書きたいだけ書いてたら眠くなった。

ここまで読んでくれたら、拙い話なのに本当にありがとう。

どこまでも自分勝手なので私は寝ます。

 

 

ピットブル童貞説

 

 

めふぁにっきです。

 

何かと旅行することの多い私ですが、ズボラな性格ゆえ、いつもいつも荷造りが前日になってしまいます。

前日の夜にわ〜やばいやばいあれもこれも!って突っ込むんですが、私くらい荷物の整理が下手くそだと万全の準備をすることのメリットよりも大荷物を抱えて移動するデメリットの方が上回ります。

 

そんなこんなで最近は、旅先では財布と携帯と充電器以外は極力何も持たないをモットーにしてます。

移動中文庫本読むだろうとか思って詰めても、重いだけで案外読まないでヨダレ垂らして寝てたりするもんなんです。帰宅してから読まなかった文庫本を本棚にしまう時の悔しさったらありません。

 

あと整理がマジで下手な人間は、カバンに荷物パンパンに詰めすぎて、気づいたらチャック開けっぱなしでした!しかも財布チラ見せでしたとか後から考えると冷や汗もんなことが多いので、身軽に越したことはないのです。

 

最悪パンツとアメニティはコンビニでなんとかなる!!

 

f:id:mayfarz:20190104231625j:image

▲新年明けましてハイネケン

 

記事のタイトルは…特に意味ないんですが、ここ数年私がpitbullというラッパーに勝手につけてる妄想設定です。

ハゲててグラサンでイケイケでスペイン語とか話せるラッパー。

PVにはなにかというとアメリカ人好みのとにかく尻と胸がバインバインのおねーちゃんがたくさん出演してるんですが、あまりにバインバインのねえちゃんと手馴れた感じで踊りまくるので「こいつ一見超遊び人に見えるけど、一周回って童貞なんじゃね?」という説が脳裏をよぎり、以来彼がTwitterで話題になるたびにPitbull童貞説を振りかざしています。

 

ちょうど当時ナオトインティライミ氏のサイコパス説ネタがTwitterで流行っていたので、似たようなものを考えていたらなぜか生まれてしまった脳内設定です。

 

参考記事:『ピツト=ブル氏、今迄に實際に性交に及びたる經験は有るや如何?-或る科學的調査-』

Has Pitbull Ever Actually Had Sex? A Scientific Investigation - Popdust

f:id:mayfarz:20190104232717j:image

 

f:id:mayfarz:20190104231909j:image

 

こんなこと言ってますがPitbull氏好きです。

もっと楽しいPV撮ってください。

 

ガチで寒いと膝が冷える

 

 

寒いです。さすが寒いです地元さすが寒い。

 

めふぁにっきです。

ガチで寒いとこ出身の人は身をもって経験してることですが、人間の身体というのは末端から冷えていくものなのです。

 

ヒザとか、ヒジとか、鼻先とか爪先とか…

とにかく出っ張ったところから冷えていきます。当然臀部なども例外ではなく、脂肪の冷えやすさと相まって冬場帰宅するとキンキンに冷えております。冷えケツ。

 

モノはカタチが丸くなるほど表面積が狭くなるので、寒いところに棲む生き物は自然淘汰で耳とか鼻とかデッパリがなくなって、体もまる〜くなっていくんだそうで。

なるほどだから正月はみんな寒くて太って丸くなるんだね。(違う)

 

寒いところの生き物は丸くなる理論に従うと、ファンタジーに出てくるスノーエルフなんてのはウソ!

 

あんなフェネックみたいな耳してたら凍傷で最初に欠けること請け合い。もとは南の島原産で生息地を追われて熊の毛皮で耳あてなんか作りながら北上してきたに違いありません。

 

スノーエルフの肌の色が白いのは多分ホントですよ。

北に帰ると南じゃお目にかかれない色白女子とか普通にいますし。

寒くて色白女子も私も家から出ないからあまり肌が白かろうが冬場は関係ないんですがね。

 

 

f:id:mayfarz:20190103040223j:image

▲ぼやけにぼやけた明け方のアキバの月

 

高校の同級生とドライブに出かけました。

運転手は友達。助手席は私。

助手席でぼーっと山を見るのも暇だったのでiPhoneに入れてるサンプラーのアプリでひたすら自分の声で作ったサンプルを連打して遊んでいたら、運転席から

「自分の声の音源でサンプラー作って遊べるとかおめぇよっぽどコスパいいやつだな、1人でも生きていけるよ」

と褒めてるんだか貶してるんだかわからないことを言われました。多分貶されてます。

 

案外楽しいんですよ、セルフサンプラー

昇竜拳!」

波動拳!」

とかサンプルしておくと、なんと自分の声で波動拳出せちゃう。

 

あれ、いまいち魅力が伝わらない?

 

流行りのネタいっちょやりましょうかね。

 

なんと!

 

「U.S.A」のイントロ

ユユユユ U.S.A!U.S.A!

ユユユユのとこも自分の声でできちゃう(伝われ)

 

連休なのに誰も遊んでくれない時とか重宝しますよ。

Simplesamplerっていう変にゴロのいいiphoneアプリです。名前通り本当にシンプルで使いやすい。

f:id:mayfarz:20190103041908j:image

気が向いたら遊んでみてください。

(プロモーションが下手)

 

 

新年早々よくわかりません。

 

めふぁにっきです。

 

三ヶ日くらいは記事更新しようと思いまして、初売りの喧騒の中でシコシコ書いております。

ああ寒い。

 

昨日は友達と昼酒を呑みに行きました。

夏頃は「だらだら関係続けてた元カノが新しく男作ってしまってまぢゃみ…もう女なんて信じねーよぐすん」とか言ってたダチ氏が早速新しい彼女を作りました。

新年早々よくわかりません。

 

挙句に「おまいもうアラサー手前なんだからそろそろかのぴおらんとヤバいぜ〜?」などと言ってきます。

新年早々よくわかりません。

 

f:id:mayfarz:20190102182847j:image

▲みそらーめん

 

私には生活の中でブログに書きたいことを思いつくとiPhoneのメモ帳に書き留める習慣があります。

でもここに書き留めた半分以上のことは記事にはなりません。理由はいくつかあります。

 

>メモが使い物にならない3つの理由

①メモが下手

②感情が風化している

③酔っ払い

 

①メモが下手

そのまんまです。短くメモをしようとして見返してもよくわからないパターンです。

単語で自由主義とだけメモされてることもあります。自由主義がなんなんだよ、もはや単語が意味をなしていません。

メモ術の本でも読みましょう。

 

②感情が風化している

長々メモした挙句見返したら「別にこれ面白くもなんともねぇな…」ってパターンと、

大きめのイベントとか風邪とか挟んでから見返して、意味はわかるけど別に書くほどの情熱は残ってないパターンとあります。

ライブの感想とかそういうのは翌日かその日に書きましょう。なまじ冷静になって振り返ると8割くらい会場のノリに飲まれてるだけとかよくあります。

でもノリって大事。

 

③酔っ払い

今度はノリだけでメモをしている場合です。

酔っ払ってその場のテンションでメモるので、半分精神病みたいなもんです。寝ぼけてメモをした場合も同様。

その瞬間の自分は面白いからブログネタにしようとか本気で思ってるからなおタチが悪い。

 

朝起きてメモを見返すと

「オレンジの種 インクの染み クソうけるw」

などと意味不明の供述が並んでいて途方に暮れます。なにがウケるだこの酔っ払い⚫︎すぞ。

 

なんとなく経験的にわかってることは、メモにするよりそのままメモ帳に記事を書いてしまった方がモノになります。あとで見返して直してそのまま貼り付けすれば記事になる、ありがとう過去の自分。