めふぁにっき

すべての独身が自由に楽しく生きられる世界のために

飲み会が嫌いだった話

めふぁにっきです。

 

大学時代の話。

 

飲み会が楽しくない。
人といるのも楽しくない。

俺は情報を常に吐き出していないと気持ちが悪いタイプの人間だ。

逆に言うと感覚が過敏なのかもしれないが、ほうっておくとあらゆる情報を常に飲み込んでしまう。人が横にいれば人の情報を過剰に受け取ってしまう。環境は自分に向かって常に情報を与えてくる。

 

茶店が苦手だ。
別にその気もないのに周りの人間の情報を収集してしまう。
最近はぼーっとしていることが増えたのでその機会は減ったが。
本質的に人が好きではないので、周りの人間を深く知れば知るほど呆れてイライラしてしまう。

誰かと飲んでいても、隣のテーブルの人間にイラついてしまう。

どうしてこんなに自分には協調性がないのか呆れるほどに、俺は他人を受け入れられない。

 

今考えれば、普通の人は少し離れたところの人間の情報をシャットアウトできるのだ。

情報が入ってこないからそもそも好きか嫌いかの次元を超えて無関心を貫ける。

それができない体質に生まれたことが俺にとっては呪いだった。

 

日夜人の多いところで過ごすほどに情報が頭に蓄積し続ける。

今では個室の飲食店や、人気の少ないところで過ごす習慣が身についたから少しは楽になったが、大学の頃はなんだかんだキャンパスに行かなくてはいけなかったから苦痛だった。

知らない人がたくさんいる。

大学くらい人間がたくさんいると、情報が多すぎて気持ちが悪くなる。

情報と言っても大半ゴミみたいなものだ。

猿がたくさんいる檻に閉じ込められて、無数の個体が発する鳴き声を聞いても、そこに情報が豊富にあるとは思わない。単にかしましいだけだ。

 

こんな具合だから常に頭の中はパンパンだった。

どうやって情報を吐き出すか、これが一番重要な課題だ。

夜中に片っ端から人と通話して情報を吐き出し続ける。
大学時代、どうしてそんなにサークルや、部活や大学周りの人の情報を持っているんだと聞かれた。
むしろお前らはどうしてそんなに他人の情報をもっていないのか教えてほしいくらいだった。


この体質に生まれると、他人の情報はふえるワカメみたいに増えるのだ。

常に情報過多の状態にある俺の脳は、情報を吐き出す先を求める。

当時、特に文章というアウトプットもなかった俺は、ひたすら情報のアウトプット先として他人を求めた。矛盾するようだが、情報を吐き出すために、情報の発生源である人間に近づいていた。

 

四六時中いろいろな場所にいって、いろいろな人に会ってアウトプットをすると、結果的に会う前よりも情報は増える。
それはいろいろな人に会うからで、様々な場所からあらゆる情報が集まってくる。

そうしてさらに情報過多になって気持ち悪くなるので、さらに情報を吐き出す。

この繰り返しで大学時代の俺は無闇矢鱈にふえるワカメみたいな情報の山と格闘していた。

f:id:mayfarz:20190425220618j:image

▲アップルのパイ

最近は余計な考えを捨てるために文章を書いたり、身体を動かしたりすることでパンパンだった頭はすっきりしつつある。むしろすっきりしすぎたかもしれない。

 

f:id:mayfarz:20190425220700j:image

▲フィッシュとチップス

 

 

関連記事はこちら

『追い詰められてもブロックできない』

https://mayfarz.hatenablog.com/entry/2019/02/18/232844

 

紀伊國屋がなかったら死んでいた』

https://mayfarz.hatenablog.com/entry/2019/02/10/212440

 

 

桜と筋肉とトンテキと。

めふぁにっきです。

 

お花見と筋トレの季節がやってきました。

 

たのしい社畜の帰り道、花見スポットでは酔っぱらいが陽気に浮かれています。

気分がいいのか歌を歌ったり、隣のレジャーシートのOLさんに話しかけたりしています。

 

いい季節ですね。

 

さて、誰もが浮かれる春のめふぁ家の近況ですが、

自室にベンチとダンベルを設置して筋トレに励んでいるという報告が弟から来ました。

還暦を過ぎた父親はインスタに筋肉とプロテインの画像をアップしています。

めふぁ家の男たちはいったいどこに向かっているのでしょうか。

 

f:id:mayfarz:20190409223939j:image

▲ベンチプレスを導入した弟と話を聞かない兄

 

ちなみに私は毎晩遅く社畜活動から帰ってきてはたのしくNHK『筋肉体操』を観ています。

 

 

筋肉は裏切らない。

 

f:id:mayfarz:20190409223008j:image

▲躍動感のある桜

 

 

4月から社畜になるお友達へ

 

営業さんはともかく、内勤勢は肩が凝ります。

姿勢がずっと一緒なので内臓の具合がおかしくなります。

 

 

寝る前にストレッチをしましょう。

 

ダルくても土日は運動の時間を作りましょう。

 

辛くなったら小麦粉ではなくお肉を食べましょう。

 

これだけでいいです。

仕事なんてできなくてもいいです。

知力もMPも要りません。

たのしい社畜ライフに必要なステータスはただ「タフネス」のみです。

 

 

f:id:mayfarz:20190409224046j:image

▲タフネスの源

 

(社畜が楽しすぎて一向に長い記事が書けない)

 

 

 

 

 

 

ワンルーム・ディプレッション

 

めふぁにっきです。

 

新生活の季節。

就職と同時に大学にPCを返却してしまったので、Macがなくてつらいと友人が嘆いている。

 

何がつらいのかと聞けば、今まで音楽を作るのも動画を編集するのもゲームをするのもMacを使っていたのに、突然Macがなくなって、それでも何かを作りたい気持ちだけは溢れてつらいという。

 

普段から曲や動画を作る人間は、デバイスを使って頭の中のイメージをアウトプットするのが無意識のうちに習慣になってしまう。

常日頃から思いついたネタをどうアウトプットするか考えてしまう。

日々ネタは溜まる。

溜まったものは吐き出さなくてはならない。

しかし今の彼にはMacがない。

 

乳飲み子を亡くしてもその母の乳は張り、むなしく子のために乳を出し続けるという。

友人もそんな状態なのだろう。

 

絵師ならアナログ絵でも描いただろうが音楽は紙の上には起こせない。

結局彼は四苦八苦した末、iPhoneで曲や画像を編集するためのアプリを爆買いするのであった。

 

創作の業の深きこと 限りなし。

財布の底の浅きこと 頼りなし。

 

f:id:mayfarz:20190331182239j:image

 

以前にも書いたが、何か物を作るのに当たって環境構築は最初にして最大の難関だ。

 

作りたいという意志が弱いとか、センスがあるとかないとか、そんなんじゃない。

機材がなきゃ曲は作れないし、紙とペンとワープロがなきゃ物は書けない。

なんかそのレベルの話だ。

ものすごく当たり前の話だが割とみんな忘れてる。

 

ちなみに私は座り心地のいい椅子とフリーズしないノパソを揃えるまではブログどころか文章自体書くことができなかった。

 

なんだかんだ創作が続く人というのは、ジャンルを問わず機材や環境づくりに金と暇を惜しまない人が多い。

 

春だし、新生活だし、気持ちのいい買い物でもしてみようか。

 

f:id:mayfarz:20190331184151j:image

 

 

 

ラーメン食べないと記事が書けない

 

 

めふぁにっきです。

 

ブログに書くネタがないのでなぜだろうと頭をひねっていたがやっとわかった。

 

飯の画像がないからだ。

そんなわけでブログネタのためにラーメンを食べてきた。

f:id:mayfarz:20190324013959j:image

 

記事の最後に飯テロを挟むことの効果について、よく記事を読んでくれている友人が説明してくれた。

『ピークエンドの法則』によれば、人間が過去の経験について振り返る時、体験の感情的なピークと、それがどう終わったかで判断されるらしい。

なるほど、自分の話だと、お酒飲むのは嫌いではないが、酒に関する記憶はなんというか…吐き気と寒いトイレの印象が強い…。つまり「どう終わったか」が印象付けられてしまっているわけだ。一次会で帰ろう。

 

友人曰く、記事を読んでなるほどと思ったことも、感じたこともすべて最後の最後には飯テロで「あーうまそうなラーメン」に体験の評価が集約されてしまうそうな。

 

ほんまかいな

ご大層なこと書いた時は特になんか気恥ずかしいので飯テロ画像挟んでるだけなんだが。

 

知らず知らずのうちにピークエンドの法則に沿ったコンテンツ構成をしていたとは。

 

ピークエンドの法則が重要になるのは、ライブとか、落語とか、ピロートークとか別れ際とか、オチが綺麗につくのが美しいとされる世界である。

映画のネタバレが良くないとされるのは、せっかくエンドをバラされたら、作品の体験の価値を根底から変容してしまうからだ。

制作側がピーク・エンドの法則を考慮してコンテンツを作ってくれてるのに、エンドをバラされたら、最初から「そっかーめっちゃいいこと言ってるけどお前黒幕なんだよなー」とか「でもこの後こいつ自殺しちゃうもんなー」とか考えてたら鑑賞に大きく影響が出てしまう。

 

f:id:mayfarz:20190324022629j:image

▲ネタバレ

 

そう考えればなるほど、めふぁにっきの飯テロはピロートークなのか。

しかも飯テロはネタバレの要素もない。

 

少なくとも今のところまだ飯テロでネタバレされたというクレームは来てない。

「まさかあの店のチャーシューがあんなに分厚いなんて…!まだ食べてないのに楽しみにしてたのに貴様許さない…!貴様…!」

 

f:id:mayfarz:20190324013847j:image

▲ネタバレ:あごだしのラーメンでした。

ひたすら眠る、私を弔う

 

めふぁにっきです。

 

個人的に考えているテーマの一つに、人間の人格がある。

 

大雑把にいうと「人間の人格」だが、これはこれで掘り下げるとかなり奥行きのあるテーマだ。人格はどうやって形成されるのか、多重人格はどうやって生まれるのか。

人間心理の深淵を探る…みたいな話よりも、この話の原点はもっとシンプルで、幼少期にぼんやりと布団の中で考えていたアイデアが元だったりする。

 

今眠りにつこうとしている自分には、寝る前と寝た後で連続性があるのだろうか?

今の自分は、明日には影も形もないんじゃないだろうか。

 

昔から寝て起きると気分のスイッチが効く方で、子供心ながらに当時からそのことは自覚していた。 だからこそ素朴にこういう疑問を抱いたのだ。

小学生も高学年になると、やたらに夜更かしをするようになった。

ひょっとすると、寝る前の自分が寝ることで消えてしまうのが嫌だったのかもしれない。

f:id:mayfarz:20190314001034j:image

▲(東京駅で50円出したらなんか飯が食えると思っているおめでたいやつの人生の行く末が)楽しみです

 

そういうこともあって、自分や他人の人格のありかたに強い興味を持ち始めた。

ものすごく嫌な出来事を人が「乗り越える」時、そして乗り越えた果てに人格が変容する時、本当に人格が「変容」したんだろうか?

ひょっとしたら、つらい想いを抱えた自己人格を封印してしまっているのではないか?

 

そもそも、別につらいことがあってもなくても、人間の人格には連続性なんてハナからないんじゃなかろうか?

そういう疑問を中高生時代に鬱々と考えていた。そんなクソつまらんことを考える暇があったらスポーツとかモテる努力とかすればよかった。(後悔)

 

話を戻すと、親に向ける顔と友達に向ける顔が違うように、酔ったら人が変わるように、モードや時間帯によって人格は同じ人間でも容易に変容したり、切り替わったりする。

同様に、同じ人間の中で、同じ出来事についての記憶でも、ある時を境に解釈や捉え方が変わることはよくある。

 

恋人と幸せそうに付き合っていた。

浮気をされた。

出来事を「乗り越え」た。

新しいのと付き合った。

 

こういうストーリーがあったとして、それを体験している本人にとっては、おそらくは同じ連続した人格が経験している出来事だろう。

ただ、こういう場合、傍から見ていると「この人は本当に同じ人だろうか?」と思うくらい物事や人に対する捉え方が変わっていることも少なくはない。

 

 

別に「同じ人格が変容している」でも、「違う人格が交代している」でも人が変わっているのに違いはないのだからどっちだっていいのだ。

所詮は説明の仕方の問題にすぎない。

ただ、時々記憶を改竄しているレベルとか、あまりに人が変わってしまった人を同一人格として捉えるとこっちが精神をイワしてしまう。

実際、何人かそういうケースの人間と付き合ってこっちが病んだことがある。

 

個人的なライフハックとしては、1人の他人と付き合うにあたっては、1つの人格として捉えないことにしている。

ソフトにいうと「あ、この人今日はそういうモードなのね」ということだ。

 

1人の人間を1つの家のようなものだと考えると、家の中にはお父さんや、お母さん、ペットに子供、最近大学生になった若者…等々様々な人間がいる。

日により、時間によりこの家の玄関から出てくる家族は変わる。

人間の人格も同様で、コンディションや話す相手により、玄関先に出てくる人は変わる。こう捉えている限り、多少「人が変わって」もびっくりすることはない。

 

「うーわこの家の玄関、この間はリーマンが出てきたのに今度は主婦になった!!同じ人間が主婦になったりリーマンになったり、怪人二十面相かな???」とはならないはずだ。そこそこ色々な家を見ていれば、家の中に誰がいるかなんとなくは想像がついてくる。時々、想像もしない家族(ひきこもりの長男)が出てくるかもしれないが。

 

ただこういう考えをしていると、それはそれで時々不穏な考えが浮かんでくる。

あの家、一人暮らしに見えるけど、誰か中で監禁しているんじゃないか…とか。

 

今日の記事のタイトルは「ひたすら眠る、私を弔う」だが、全然この話までたどり着けていない。

人間を人格の容れ物と捉え、『家』に例えるなら、家の構成員は冠婚葬祭とともに移り変わる。

しかし、前々から気になっているのは「封印」されたり、「消された」人格は、どうなってしまうのか…、ということだ。

眠っているのだろうか。

それとも永遠に物言わぬままなのか。

 

気が向いたら続き書きます。

f:id:mayfarz:20190314000921j:image

▲机の脚が歪んでるのか、ビール瓶載せたままガタガタ揺れてなかなかエキサイティングだった。

 

人体はそんな挙動しない

 

めふぁにっきです。

 

今週はとにかく忙しかったので、何か書かねばと思っても特段何も浮かんでこない。

万事行動してみないと何も生まれないというのがポリシーなので、眠くても疲れてても書く。書きたいことは山のようにあるはずだ。

ただなんでこんなに疲れているのかは気になる。

 


昨日は友人宅に行った。

その時点で多少疲れてはいたが、友人は唐突に話を切り出してきた。

「最近筋肉体操ってのにハマってるんだ」

【みんなで筋肉体操】腕立て伏せ ~ 厚い胸板をつくる - YouTube


筋肉体操。

毎年懲りもせず妙な番組を作るNHK様で去年くらいからやっている筋肉番組である。大好き。

出てくるのが筋肉のついたイケメン弁護士さんとか、とにかく出演者のコンテンツ力が高い。

なんでも去年の紅白に出演していたそうである。

番組を見るのは初めてだが、まず彼らはシルエットがおかしい。人間の胸はそんなに前に張り出していない。

 

人体への理解が浅い人が作った3Dモデルだろうか。

 


唐突に、「短時間でもしっかりやり込めば分厚い胸板が作れる」と提案してくる。あったら嬉しいが別にあえて作るほどでもない。そもそもあったらうつ伏せで寝る時に邪魔そうだ。

いきなりとんでもないパーツを作らせようとしてくる。油断も隙もありはしない。

頼んでもいないオプションを追加してくる車検屋さんみたいだ。

 

セッションが始まって、友人が当然のように腕立ての体勢に入る。
実際運動不足だし、少しくらいならやってみようと自分も腕立てから始める。

「胸をしっかり地面につけてください」

「身体は常にまっすぐを保って」

バカを言ってはいけない

腕立て伏せで胸より先に地面につくのは腹である。デブなら誰でも知っていることだ。ぽよよん。

やはり人体に関する理解が浅い。




ひぃひぃ言いながら腕立てを終えると、筋肉体操の先生は次の解説に入る。

今度は可能な限り早く腕立てをしろという。

 


強度を変えるということだろうか。

筋肉体操先生がお手本を見せてくれるらしい。

 


早すぎる。

 


早すぎる。

 


人体はそんな挙動をしない。

ものすごくリアルだがこの筋肉先生はきっとNHK開発の3Dモデルなんだろう。そのスピードで動きながら息は全く上がっていない。

 


実際やってみるとわかるが、素早い腕立て伏せは素早く身体を落とす→素早く起こすの二段立ての動作である。

もう身体を落とした時点で上がる気がしない。見本の筋肉先生は構わずメトロノームのように正確にリズムを刻んでいる。

 


唸ったり喚いたりしながらなんとかこなす。

もう息が上がっている。

何より腹が重いので上下動に弾みがついて重心が移動してしまう。デブは辛い。

筋肉氏が残り5秒を告げる。

「あと5秒しか腕立て伏せできません!」

あと5秒も腕立て伏せしないといけないの?!!

 

 


レーニングを終えて、息も絶え絶えになりながら家族ラインを開き、肉親に注意を呼びかけた。

f:id:mayfarz:20190310164934j:image

一晩明けて本日、しっかり筋肉痛である。

しかもピンポイントで胸筋だけ筋肉痛である。

 

筋肉体操、トンデモかとおもったがなかなかどうして『大科学実験』並の良コンテンツである。

やってみなくちゃわからない。

 

f:id:mayfarz:20190310165118j:image

▲健全な精神は良質なタンパク質に宿れかし。

 

書くことは忘れること

めふぁにっきです。

 

個人的な話。

何のために書くのか、という話になると、決まって「忘れるために書いている」と答えることにしている。

実際のところもそうなのだ。

ブログの記事を読んだよ!とか言われると、まずは感謝の意を伝え、それからどのタイトルを読んだのか聞く。

 

……タイトルを聞いても時々何の話を書いたか覚えていない。

「アダルトVRにいってきた話」とか

そういうどこでナニしたのかわかりやすいタイトルにしろよ俺。

「お前はすでにサイボーグ」とか「それ以上可能性を感じてはいけない」とか

タイトルから想像つかねえだろうが!!

 

そんなわけでよくタイトルと内容の要約を感想と一緒に聞くことが多い。

もはや誰が作者だかわからない。

現代文でよく「作者の気持ちを答えよ」とか出題されているが、当の作者で自分が書いた内容を覚えているやつがいたら純粋に嫌味なくスゴイと思う。

何万字も文字を書いている人間ならなおさらだ。

そんなこと書きましたっけ???くらいじゃないのか普通。

 

めふぁ家の父なんか自分の研究分野の論文を検索していたら、

なんだかとても同意できる論文にであったので、ぜひとも名前を覚えておきたいと作者の欄をみたら自分の名前だったというギャグを毎年やっている。

認知に問題がなければこれはもう遺伝である。

 

もともと記録というものは残すためにやるものである。

だが自分の場合、繰り返すが忘れるために書いている。

頭の中にいろいろな考えが浮かぶと、それで頭がいっぱいになる。

人間の生活はとても忙しいのだ。

自宅に体重50kg超えで日に2000キロカロリー食べる獣が住んでいるのだ。

生活とはその獣の住環境のメンテである。

よくわからん考えで頭をいっぱいにしていては食事も洗濯もままならないのである。

 

ハリー・ポッター』シリーズに「憂いの篩(うれいのふるい)」という魔法道具が出てくる。直接記憶を残して、人に共有したり長期保存したりできる装置である。便利。

あんまり設定をよく知らないが、記憶の抽出装置なので、トラウマ記憶とか取り出して保存できるんではなかろうか。治療に使えそうである。

自分にとって書くこととはそういう「憂いの篩」のようなものだ。

 

最近確かめたいと思っている仮説が、「ホラーとかえっぐい話を書いている人ほど案外当人の人格はすっきりしているという説」である。

無限ドロドロ生成器みたいな人格をした人でない限り、書いたものは頭から抜けていく。ホラー成分を頭から定期的に排出しているタイプの創作者は案外ホラー成分が抜けているんじゃないかという仮説。

本当のところは知らん。作家さんどなたかご飯行きましょ。

 

あ、書き忘れていたがTwitterは例外である。

自分が書いたものに共感する人が集まってくる、似たようなメンタルのフォロワーが似たような傾向のツイートをRTする。SNSにはそういう精神構造の反射炉みたいなところがある。次第に世の中の人は自分と同じ考えをしていると思うようになり、よりラジカルさを極めていく。

ゆえに、SNSは書けば書くほどに特定のメンタルの方向性が強まっていく構造になっている。

 

書くことは忘れること。

やはり食べ歩きをやっていると飯テロ画像が携帯に溜まってくる。

電子の海に時々こうやって放出することで、携帯の容量を節約できるメリットもあるのだ。あとに残るのはカロリーだけである。

f:id:mayfarz:20190303025258j:image

▲めんたいこ

 

追記

 友人から記事のジャンル分けを勧められました。読み返しつつ、気が向いたら分類します。